40代相応のファッション

私の知人で、40代なのに妙に若作りしたファッションの方がいます。

先日は、ポップテイストのフラワープリントシャツに短めのデニムスカート、ボリュームたっぷりムートンブーツという着こなしでした。
40代の方のファッションとしては、少しばかり違和感がありますよね。

ご本人はご自身の着こなしにとても満足している様子なのですが、周囲はわりと冷ややかな目で彼女の40代ファッションを見ています。

好みの問題

ファッションというのは、基本的には本人の好みの問題なので、周囲がとやかく口を出すことではないのでしょう。

40代であれ、ご本人がそのファッションを楽しんでいるならばそれでいいのかもしれませんね。

しかしながら、一緒にいる人が「それはちょっと・・・」と感じる位の着こなしであれば、さすがに「本人の好みの問題」で片付けるべきことではなくなってきます。

身だしなみとしてのファッション

以前、会社の研修で、「身だしなみとしてのファッションとは、周囲に好感を与えるものでなければならない」という講義を受けました。

そうです、ファッションとは身だしなみのひとつなのです。

冒頭でご紹介した知人の40代ファッションは、周囲に好感を与えるどころか、むしろ不快感を与えかねません。これでは、ご本人がどんなにその装いを気に入っていたとしても、40代のファッションとしてはちょっと問題ということになりますよね。

40代のファッションとは?

では、40代ではどんなファッションを目指せばよいのでしょうか?

30代~40代の読者層を想定したミセス雑誌をパラパラとみていると、やはり上品で気品漂うアイテムが目立ちます。
特に40代のファッションは、30代の着こなしよりも一層上質なイメージです。

ほど良く華やかなものや、デザイン自体はシンプルであっても上質な素材のもの等、ある程度年齢を重ねた40代ミセスのファッションには大人っぽいひと工夫が不可欠なんだと感じました。

これは女性に限ったことではなく、40代の男性ファッションであっても共通することなのかもしれませんね。

内面&外面の相応

「年相応の着こなしを」というのは、皆さん若い頃から何となく意識してきたことだと思います。

しかしながら、歳をとるにつれ、実年齢と気持ちの年齢にズレが生じてしまうものなんですよね。
もう40代なのに、気持ちが若いために若者ファッションをしてしまうのは、その良い例だと思います。

内面も外面も年相応に大人になってゆく、そういったことが私達にとって大事なことなのかなとしみじみ感じます。